• IT 予算を圧迫するデータベース監査の 4 項目

    IT 企業は、IT コスト全体を抑えながらも革新的なソリューションを作り出す必要があります。 これが、データベース監査や保護のために、特に内蔵型データベース監査ツールなどの既存のリソースが、多く使用される理由です。 内蔵ツールによるデータベース監査の問題は、コンプライアンスやセキュリティ上の抜け穴を残し、隠れたコストが発生することです。 本書では、IT 予算を圧迫する、内蔵型データベース監査の 4 つの主な非効率性について説明しています。 また、自動ソリューションを使用してデータベース監査を効率化することにより、既存データベースのコンプライアンスのために費やされている組織の IT リソースと予算の 80%以上 をどのように節減できるかについても説明しています。

    Languages: English | Fançais
  • IT 予算を圧迫するデータベース監査の 4 項目

    IT 企業は、IT コスト全体を抑えながらも革新的なソリューションを作り出す必要があります。 これが、データベース監査や保護のために、特に内蔵型データベース監査ツールなどの既存のリソースが、多く使用される理由です。 内蔵ツールによるデータベース監査の問題は、コンプライアンスやセキュリティ上の抜け穴を残し、隠れたコストが発生することです。 本書では、IT 予算を圧迫する、内蔵型データベース監査の 4 つの主な非効率性について説明しています。 また、自動ソリューションを使用してデータベース監査を効率化することにより、既存データベースのコンプライアンスのために費やされている組織の IT リソースと予算の 80%以上 をどのように節減できるかについても説明しています。

    Languages: English | Fançais
  • オーストラリアの金融サービス企業における情報セキュリティ・リスク管理

    Prudential Practice Guide PPG 234 は、規制対象の金融機関の情報および情報技術におけるセキュリティ・リスク管理を支援するために、Australian Prudential Regulation Authority (APRA) によって 2010 年に発行されました。 このガイドでは、APRA が継続的に行っている監視活動の中で、弱点として認識し続けている領域を対象としています。 PPG 234 では、IT セキュリティ・リスクを評価し管理するためには、確固としたリスク管理統制と理解を深める必要性が明らかにされています。 本書では、SecureSphere により、金融機関がどのように PPG 234 のセキュリティ推薦事項への適合性を改善し、情報および情報システムのリスクを低減できるかについて説明しています。