• サイバー副作用 - クラウド・データベースと最新のマルウェア

    プレゼンター Imperva 最高技術責任者(CTO)Amichai Shulman

    Database as a Service (DBaaS) は、サーバの設置コストをかけず、IT 部門に負担をかけることなく、データベースを提供できるセルフサービス・モデルです。しかし、DBaaS には、サービスの内部と外部の両方からサイバー犯罪者がデータに容易にアクセスできるという欠点もあります。

    犯罪者に手頃で安全な遊び場を与えるだけでなく、DBaaS 自体に新しいセキュリティ課題があります。組織の内部データをクラウドに保存する場合、攻撃者は、組織のネットワークにアクセスする必要なく、高価値のデータを盗み出すことができます。このオンライン・セミナーでは:

    • 攻撃者がクラウド・データベース・サービスをどのように攻撃しているかについて説明
    • 内部データベースに対する主な影響を説明
    • DBaaS の隠れたリスクを特定
    • ホスト環境のデータベース脆弱性の深刻度を再評価

    • 動画の再生
  • 2014 年 セキュリティ動向

    プレゼンター Imperva 最高技術責任者(CTO)、Amichai Shulman

    Imperva の研究機関であるApplication Defense Center (ADC) は、継続的に攻撃者とその攻撃手法を監視しており、重要度の非常に高い攻撃キャンペーンを特定しています。この調査データを基に、ADC は2014 年のセキュリティにおける最も重大な影響を持つ動向を発表しました。

    Imperva の CTO であり、ADC のリーダーである Amichai Shulman が、今後世界中に影響を与えるセキュリティ動向について発表します。以下は、セキュリティ動向の一部です:

    • Web サーバに対する攻撃の復活:攻撃者は、外部向けのサーバを経由してネットワークに侵入しています。
    • クラウド・プラットフォームへの侵害の増加:長らく懸念されていた、クラウドへの大規模な攻撃が現実のものとなっています
    • サードパーティ製アプリケーションの脆弱性の拡散:これらのアプリケーション攻撃は、規模、範囲、頻度において増加傾向にあります

    • 動画の再生
  • 2013 年セキュリティ傾向

    プレゼンター Imperva ワールドワイド・ マーケティング担当 シニア・バイスプレジデント Mark Kraynak

    2013 年のセキュリティ動向から、大規模で資金が豊富な組織による従前のセキュリティ投資は、ハッカーに対して部分的には効果があると予想されます。ただし、その同じハッカーが高度のマルウェアで武装し、クラウドで得られる危険な匿名性に身を隠すと、より脆弱な標的である中小企業が狙われる危険性がでてきます。

    Imperva のシニア・バイスプレジデント Mark Kraynak が、2013 年に世界中の企業のセキュリティに影響を与える 4 つの大きなセキュリティ動向について説明します。以下は、動向の一部です:

    • 政府後援のマルウェアが商業サイトに:歴史的に「政府が後援していた攻撃」と思われる戦術が主流に
    • 差し迫る黒い雲:利益を目的とするハッカーがクラウドを悪用して詐欺およびビジネス・ロジック攻撃を開始
    • 力を合わせて高めるセキュリティ強度:企業と官公庁が各データ保護を組み合わせ、共調防衛を構築
    • APT が狙う中小企業:サイバー犯罪者が、従来の大企業向け APT 手法を中小企業に適用

    • 動画の再生