クラウドおよび SaaS アプリケーションに対する可視性と統制

Salesforce.com、Office 365、Workday、NetSuite などのエンタープライズ・クラウド・サービスやファイル・コラボレーションの導入が進んでいます。多くの企業で、これらのサービスは、コスト削減と生産性向上のために IT 部門によって評価され、承認されているはずです。しかし、独自の要望や業務で承認され、IT 部門からは承認を受けていない SaaS およびクラウド・サービスを使用している従業員も増えています。

クラウド・アプリケーションの普及によって、IT 部門にとって従来のセキュリティでは対処できない、可視性と統制の盲点が生まれています。Skyfenceのミッションは、組織によるクラウド・アプリケーションの使用を安全で生産的なものにすることです。

ユーザに必要なアプリケーションを、IT 部門に必要な統制を提供

多くの組織が、個人用デバイスやクラウド・アプリケーションの使用を禁止するポリシーを大規模に施行することを望んでいません。クラウド・アプリケーションおよびサービスを導入することで、初期投資を削減し、コンピューティング、処理、共同作業のためのリソースを柔軟に獲得でき、組織にとって大きな利益になります。また、ユーザは、サービスを時間や場所に関係なく利用できるため生産性が向上し、クラウドを導入した組織は、運用コストを削減し、最も重要なビジネス・ミッションの達成に集中できます。

クラウド・アプリケーションを使用すると、IT 部門はアプリケーションやインフラストラクチャを制御できなくなるにもかかわらず、どのユーザがどんな操作をしているかを把握し、会社のデータを保護し、コンプライアンスを確立する責任があります。Office365 などの SaaS アプリケーションに移行する場合、または顧客向けのアプリケーションにアクセスする何千というユーザを守る必要がある場合も、可視性と統制を実現するために Skyfence を導入する企業が増えています。Skyfence を使用することで、ユーザは必要なアプリケーションを取得し、IT 担当者は必要な統制を手に入れることができます。

クラウドの監視。クラウドの掌握。クラウドの制御。

Skyfence は、クラウド・アプリケーションに対する可視性と統制を自動化します。Skyfence Cloud Gatewayは、すべてのアプリケーションの使用を正確に特定し、関連リスクを分析するため、ビジネス上適切な意思決定を下すために必要な情報をすべて取得できます。組織は、クラウドおよび稼働アプリケーションに対する統制を強化し、アカウント主体の脅威を阻止し、業界および規制コンプライアンスに適合し、すべてのアプリケーションの使用を安全かつ生産的に保ちます。

Skyfence automates visibility and control over cloud apps.

Skyfence Cloud Gateway は、クラウド・アプリケーションの可視性と統制のために継続的な検出、リスク診断、ポリシー施行を実現します。Skyfence 製品は、ライフサイクルの各段階で重要な機能をサポートし、組織のクラウド・アプリケーションの導入計画に適応します。Skyfence を使用することで、組織は以下を実行できます:

  • すべてのクラウド・アプリケーションとそのユーザを特定
  • アプリケーション・リスクを分析し、ユーザの活動と機密データへのアクセスを監視
  • アプリケーション全体にわたって統一ポリシーを施行し、異常な行動を基に攻撃を即時に検知し防御

Skyfence により、世界中の企業はクラウド環境内のアプリケーションを安全かつ生産的に使用しています。Skyfence の効果を見てみましょう

問い合わせ

関連リソース